出典:デジタル大辞泉(小学館)

1880年代、フランスに興った絵画運動。印象主義の色彩理論を科学的に推進し、点描法を用いて、色彩効果を追求、フォルムや造形的秩序の回復に努めた。スーラシニャックに代表される。点描主義。