出典:デジタル大辞泉(小学館)

覚鑁 (かくばん) を宗祖とし、大日如来の加持身 (かじしん) 説法の新義を唱えた真言宗の一派。根来山 (ねごろさん) 大伝法院を本山としたが、のち、智山 (ちざん) 豊山 (ぶざん) 両派に分かれた。新義派。→古義真言宗

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉