しん‐く【真紅/深紅】 の意味

  1. 濃い紅色。正真の紅色。まっか。しんこう(深紅)。「―のバラ」
  • 名詞
  • しん‐く【真紅/深紅】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・僕等はその後姿を、――一人は真紅の海水着を着、もう一人はちょうど虎のように黒と黄とだんだらの海水着を着た、軽快な後姿を見送ると、いつか言い合せたように微笑していた。

      芥川竜之介「海のほとり」

    • ・・・ 逆光線になったM子さんの姿は耳だけ真紅に透いて見えます。

      芥川竜之介「手紙」

    • ・・・花は真紅の衣蓋に黄金の流蘇を垂らしたようである。

      芥川竜之介「桃太郎」