出典:デジタル大辞泉(小学館)

和歌山県南東端、熊野川河口にある市。熊野川を挟んで三重県と接する。熊野速玉 (はやたま) 大社(新宮権現)の門前町として発展。近世は水野氏の城下町。古くから木材の集散地として栄え、製材・製紙業が発達。平成17年(2005)熊野川町と合併。人口3.1万(2010)。