出典:デジタル大辞泉(小学館)

キッチンや洗面でよく用いられている、混合水栓の一種。レバーを動かすことで、吐水・止水や水量・温度調整ができるもの。通常、上下に動かすことで、吐水、止水、水量調節ができ、左右に動かすことで温度調整できる。

[補説]レバーの上下で、吐水・止水のいずれの動作となるかは、平成12年(2000)4月よりJISによって、レバーを上げると水が出る方式に統一された。海外でこの方式が一般的だったことや、「下げると出る」方式では大地震の際に物が上から落ちてレバーに当たると水が出たままになってしまうことが理由とされる。