出典:デジタル大辞泉(小学館)

[1406~1475]室町中期の連歌師・歌人。京都十住心院の権大僧都。紀伊の人。和歌を正徹 (しょうてつ) に学び、それを連歌にも生かそうとした。その作品は「新撰菟玖波集 (つくばしゅう) 」「竹林抄」に多数収録。連歌論「ささめごと」「ひとり言」など。

出典:青空文庫