出典:デジタル大辞泉(小学館)

末梢神経神経叢 (しんけいそう) などに局所麻酔薬を作用させて、その部位よりも末梢の神経への伝達を抑制する治療法。疼痛 (とうつう) 緩和のほか、顔面神経麻痺突発性難聴多汗症などの治療にも用いられる。伝達麻酔。→硬膜外ブロック