出典:デジタル大辞泉(小学館)

自分の目で実状などを見ること。みずから引見すること。

「校訂の間傍ら実際―の旧草を抄録し」〈渋沢栄一・立会略則〉