じん‐こう【人口】 の意味

  1. 人の数。特に、一国、または一定の地域内に住む人の総数。「人口が減る」「人口集中」「釣り人口」
  1. 世人の口の端 (は) 。世間のうわさ。「人口に上る」
  • 名詞

じん‐こう【人口】の慣用句

  1. 人口に膾炙する
    • 《膾(なます)と炙(あぶりにく)とが、だれの口にもうまく感じられるところから》人々の話題に上ってもてはやされ、広く知れ渡る。「―◦した名言」
  1. じんこういどうほうこく【人口移動報告】
    • 《「住民基本台帳人口移動報告」の略》住民基本台帳を基に、都道府県や市区町村の転出者数・転入者数についての統計。総務省統計局が集計し、毎月公表する。
    • [補説]日本国籍を持つ住民が対象。
  1. じんこうオーナス【人口オーナス】
    • 《「オーナス(onus)」は重荷・負担の意》一国の人口構成で、高齢人口が急増する一方、生産年齢人口が減少し、少子化で生産年齢人口の補充はできず、財政、経済成長の重荷となった状態。→人口ボーナス
  1. じんこうおきかえすいじゅん【人口置(き)換(え)水準】
  1. じんこうがく【人口学】
    • 社会を構成する人の数とその増減、性別年齢別等の構造、経済との関係などを研究する学問。人口統計学。デモグラフィー。
  1. じんこうカバーりつ【人口カバー率】
    • service coverage ratio》携帯電話などの通信事業において、サービス利用可能地域の人口の合計が全人口に占める割合を、百分率で表した値。総務省の定義によれば、該当する市区の役所や町村の役場周辺で利用可能な場合、その地域全体の定住人口すべてが利用可能であるとみなされる。→面積カバー率
  1. じんこうこうせい【人口構成】
    • ある地域の人口の、性別・年齢別・職業別などの構成状況。その地域の特性調査や、他地域との比較などに用いる。
  1. じんこうじゅうしん【人口重心】
    • その地域に住む住民一人一人の体重が同じと仮定して、全体のバランスの取れる地点をいう。平成22年(2010)の国勢調査による日本の人口重心は岐阜県関市北部にある。
    • [補説]国勢調査に基づいて計算され、人口移動の傾向が分かる。日本の人口重心は平成17年(2005)に比べて南東へ2.4キロ移動した。
  1. じんこうしゅうちゅうちく【人口集中地区】
  1. じんこうせいたい【人口静態】
    • ある一定時点における、人口の大きさ・構造分布などの状態。静態人口。
  1. じんこうちかんすいじゅん【人口置換水準】
    • 《「じんこうおきかえすいじゅん」とも》人口が増加も減少もしない均衡した状態となる合計特殊出生率の水準のこと。若年期の死亡率が低下すると人口が減りにくくなるので、この水準値は減少する。
    • [補説]現在の日本の人口置換水準は、2.07(平成25年、国立社会保障・人口問題研究所)。
  1. じんこうとうけい【人口統計】
  1. じんこうとうけいがく【人口統計学】
  1. じんこうどうたい【人口動態】
    • 一定期間中における人口の変動の状態。出生・死亡・結婚・移動などがその要因。動態人口。
  1. じんこうどうたいちょうさ【人口動態調査】
    • 人口の動向を恒常的に把握するために行われる統計調査。基幹統計の一つ。出生・死亡・死産・婚姻・離婚について、出生票・死亡票などの届書をもとに集計する。結果は人口動態統計として、調査月の約2か月後に速報、約5か月後に月報、調査年の翌年9月頃に年報が公表される。
  1. じんこうばくはつ【人口爆発】
    • 人口が爆発的に増加すること。主に第二次大戦後の世界的な人口増加、とりわけ1960年代以降の発展途上国における急激な人口増加をいう場合が多い。
  1. じんこうボーナス【人口ボーナス】
    • 一国の人口構成で、子供と老人が少なく、生産年齢人口が多い状態。豊富な労働力で高度の経済成長が可能。多産多死社会から少産少子社会へ変わる過程で現れる。→人口オーナス
  1. じんこうみつど【人口密度】
    • ある地域の単位面積当たりの人口数の割合。一般に1平方キロメートル当たりの人口で表す。
  1. じんこうもんだい【人口問題】
    • 社会の存続や発展にとって、支障をもたらす恐れのあるような人口の質的、量的変化。