いしゃ‐ぼうず〔‐バウズ〕【医者坊主】 の意味

  1. 《多く、髪をそっていたところから》江戸時代の医者の称。
    • 「是は端手 (はで) なる―と見えて女なり」〈浮・栄花一代男〉
  • 名詞