出典:デジタル大辞泉(小学館)

古筆切 (こひつぎれ) の一。昭和4年(1929)西本願寺本三十六人集中の「貫之集下」と「伊勢集」の両帖が分割され、それらの断簡をいう。料紙が美しいことで有名。

[美術・音楽/日本・東洋の美術]カテゴリの言葉