出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「じんこうおきかえすいじゅん」とも》人口が増加も減少もしない均衡した状態となる合計特殊出生率の水準のこと。若年期の死亡率が低下すると人口が減りにくくなるので、この水準値は減少する。

[補説]現在の日本の人口置換水準は、2.07(平成27年、国立社会保障・人口問題研究所)。