出典:デジタル大辞泉(小学館)

江戸時代の時刻の定め方。明け六つと暮れ六つを基準とし、昼夜を各六等分した。

[日本史/江戸時代]カテゴリの言葉