出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 18世紀後半から19世紀中ごろにかけて、ギリシャ・ローマの古典様式を規範として興った全欧的な美術運動。ダビッドアングルカノーバらが代表者。古典主義。

  1. 1900年前後にドイツを中心に興った文芸思潮。自然主義ロマン主義に反対し、古典様式への復帰を主張した。

  1. 第一次大戦後、後期ロマン派印象主義への反動として起こった音楽上の傾向。古典派音楽のもつ簡潔な形式美を重んじた。ストラビンスキープーランクらの音楽にみられる。