出典:デジタル大辞泉(小学館)

漢字の字体で、古くから使われていた形を改めて、新たに用いられるようになった字体。特に、国語審議会が昭和24年(1949)告示の当用漢字字体表のうち、以前に正字とされていた形に代えて、略字俗字・筆写体などの形を採用したもの。「狀」を「状」、「爲」を「為」とした類。