出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「論語」子罕から》仁者は心がおおらかで天命に安んじているから、何事にも心配することがない。