出典:デジタル大辞泉(小学館)

思いのはし。心の動き。しんちょ。

「君の―と自分の―とが一つの脳髄の作用のように理解し合って」〈谷崎蓼喰ふ虫