出典:デジタル大辞泉(小学館)

壬申にあたる年に作られた戸籍の意》明治政府による最初の全国的な戸籍。明治5年(1872)作成。身分によらず、居住地による登録で作られたが、士族平民新平民などの族称を残していた。