出典:デジタル大辞泉(小学館)

《梁の昭明太子「陶靖節伝」から》炊事などの労働。転じて、人に仕えて日常の雑務などに骨身を惜しまず働くこと。「薪水の労をとる」