出典:デジタル大辞泉(小学館)

《原題、(イタリア)La Vita Nuovaダンテの詩文集。1293年ごろ成立。美少女ベアトリーチェとの愛と死別とをつづったもの。
島崎藤村の小説。大正7~8年(1918~19)発表。妻を失い、四人の子供を抱えた岸本捨吉が、姪 (めい) との不倫な関係を絶つまでの苦悩を描いた自伝的告白小説。

[文学/明治以降の作品]カテゴリの言葉

[文学/外国の作品]カテゴリの言葉