出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名・形動]

  1. 相手の身になって、その人のために何かをすること。思いやりをもって人のためにつくすこと。また、そのさま。「人の―にあずかる」「―を無にする」「―な応対」

  1. (深切)心の底からすること。また、そのさま。

    1. 「独立の気力ある者は国を思うこと―にして」〈福沢学問のすゝめ

[派生]しんせつげ[形動]しんせつさ[名]しんせつみ[名]

出典:gooニュース

出典:青空文庫