出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名](スル)しだいにしみ込むこと。しだいに程度・状態が進むこと。
  • 「天下を挙げて卑屈陋劣の風に―せんとす」〈雪嶺・偽悪醜日本人〉