出典:デジタル大辞泉(小学館)

塔の心柱 (しんばしら) の礎石。中心に柱を受ける座や孔のあるものが多く、奈良前期以前のものでは舎利 (しゃり) を納める孔をもつものもある。