出典:デジタル大辞泉(小学館)

喪服は着ないで、心の中で喪に服すること。多く、弟子が師の喪に服する場合にいう。