出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 血液循環の原動力となる器官。収縮と拡張を交互に繰り返し、静脈から戻ってくる血液を動脈に押し出し、全身に送るポンプの働きをする。ヒトでは握りこぶし大で、胸腔内の横隔膜のすぐ上、やや左側にあり、3層の膜に包まれ、内腔は隔壁・弁膜によって左右の心房心室の4部分に分かれる。

  1. 物事の中心部のたとえ。「都市の心臓部」

  1. 《「心臓が強い」から》厚かましいこと、ずうずうしいこと、押しが強いことなどの意の、俗な言い方。「あの人に借金を頼むなんて、君も心臓だね」

出典:青空文庫

出典:gooニュース