出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 全財産を費やしてしまうこと。破産すること。

    1. 「そんなに度々引越しをしたら―をする許 (ばか) りだ」〈漱石・琴のそら音〉

  1. 江戸時代、借金を返済できなくなった債務者に対し、官が全財産を没収して債権者に与え、借金の弁償に充てさせたこと。身代切り。

[日本史/江戸時代]カテゴリの言葉