出典:デジタル大辞泉(小学館)

身体障害者補助犬の育成と、これを使用する身体障害者が施設などを円滑に利用できるようにし、身体障害者の自立および社会参加を促進することを目的とした法律。平成14年(2002)施行。公共施設・公共交通機関、また、不特定多数が利用する民間施設において、身体障害者補助犬を同伴して利用できるようにするための措置を講ずることを定める。

[補説]身体障害者補助犬とは、盲導犬介助犬聴導犬をさす。

[社会/法律]カテゴリの言葉