出典:デジタル大辞泉(小学館)

しんしょ(心緒)」の慣用読み。

「かすかなる―の導火線をたどりて」〈藤村・春〉