出典:デジタル大辞泉(小学館)

江戸時代、原野・山林などに新しく耕地を開発したこと。年貢増収策として、幕府・諸藩は積極的に奨励した。土豪開発新田・代官見立 (みたて) 新田村請 (むらうけ) 新田町人請負 (うけおい) 新田・寺社請 (じしゃうけ) 新田などがある。