しんとう‐の‐ひ〔シンタウ‐〕【神道の碑】 の意味

  1. 死者の生前の功績をたたえるために、墓場への道にたてる碑。
  • 名詞