出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「礼記大学の「君子は必ず其の独りを慎むなり」などから》自分一人のときでも、行いを慎み雑念の起こらないようにすること。