しん‐ねん【信念】 の意味

  1. 正しいと信じる自分の考え。「信念を貫き通す」「固い信念」
  1. 宗教を信じる気持ち。信仰心。
  • 名詞
  • しん‐ねん【信念】の例文

    出典:青空文庫

    • その信念は合理的であると共に、必らず多量の人間味を含んでいる。

      芥川竜之介「合理的、同時に多量の人間味」

    • ・・・猿を先祖とすることはエホバの息吹きのかかった土、――アダムを先祖とすることよりも、光彩に富んだ信念ではない。

      芥川竜之介「侏儒の言葉」

    • ・・・我々は、そういう人も何時かはその二重の生活を統一し、徹底しようとする要求に出会うものと信じて、何処までも将来の日本人の生活についての信念を力強く把持して行くべきであると思う。

      石川啄木「性急な思想」