出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「しんおう」の連声 (れんじょう) 》仏語。心それ自体のこと。心は個別の精神作用に対し、総体を認識する主体であるところから王といったもの。