出典:デジタル大辞泉(小学館)

日本演劇のジャンルの一。明治21年(1888)自由党の壮士角藤定憲 (すどうさだのり) らが大阪で旗揚げしたのに始まり、川上音二郎を中心とする壮士芝居を経て発展し、現在に至る。当代の風俗・人情・世相に取材したものが多く、歌舞伎新劇との中間の位置を占める。「新派」の名称は、明治30年代に、ジャーナリズムが便宜的に歌舞伎を「旧派」、新しい演劇を「新派」と呼んだのに始まる。