出典:デジタル大辞泉(小学館)

ある人が罪を犯したかどうかの判定を、神意によって決定する裁判。古代・中世には広く各国にみられた。日本では探湯 (くかたち) がその例。