出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 仏語。仏法の奥義を、言葉や文字を借りず師の心から弟子の心に伝えること。主に禅宗で用いる。→不立文字 (ふりゅうもんじ) 

  1. 無言のうちに心が通じ合うこと。「以心伝心の間柄」

[補説]「意心伝心」と書くのは誤り。

出典:青空文庫

出典:gooニュース