出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名・形動ナリ]

  1. まじめで控えめなこと。また、そのさま。実直。律義。

    1. 「さぞや不自由と思へども、その顔もせず―に、終 (つひ) に仕つけぬ賃仕事」〈浄・難波丸金鶏〉

  1. 始末をきちんとすること。よく身の回りの処置をすること。

    1. 「うぬが身の―でもするがほんたうだのに」〈人・辰巳園・四〉