出典:デジタル大辞泉(小学館)

多くの所があるが、その中で特に。

「みちのくは―しほがまの浦こぐ舟の綱手悲しも」〈古今・東歌〉