出典:デジタル大辞泉(小学館)

簿記で、取引先ごとの債権債務を処理するために、相手方の氏名または商号などを勘定科目として設ける勘定。

[社会/経済]カテゴリの言葉