出典:デジタル大辞泉(小学館)

神意を受けて、罪科または訴訟を決定するという考えから行われた裁判。鉄火・熱湯・くじなどを用い、正しければ神の加護により罰を受けないとした。古代の探湯 (くかたち) など。神意裁判。神裁。

[日本史/平安時代まで]カテゴリの言葉