出典:デジタル大辞泉(小学館)

神社本殿形式の一。切妻造り平入りで、反りのない屋根を檜皮 (ひわだ) 茅 (かや) ・銅板などで葺 (ふ) き、破風 (はふ) は交差して棟上で千木 (ちぎ) となり、その間に鰹木 (かつおぎ) を置く。白木造りが多い。伊勢の神宮社殿の系統のもの。