出典:デジタル大辞泉(小学館)

[副]しんみり」に同じ。
  • 「なんとなく―として水を打ったようであった」〈未明・薔薇と巫女〉