出典:デジタル大辞泉(小学館)

[副]

  1. (下に打消しの言葉を伴って用いる)神かけて。決して。

    1. 「密通をいたせしこと―存ぜず」〈滑・膝栗毛・発端〉

  1. まことに。実に。

    1. 「いまだよしみなきに、さばかり御心ざしのうれしさ、―忘れがたし」〈浮・伝来記・一〉