出典:デジタル大辞泉(小学館)

[1800~1875]江戸末期の侠客 (きょうかく) 。江戸の人。浅草寺に新設された門の番人となり、新門辰五郎とよばれた。火消し人足から町火消し十番組の頭となり、のち、徳川慶喜 (よしのぶ) に重用され、その身辺警護にあたった。

[日本史/江戸時代の人物]カテゴリの言葉