出典:デジタル大辞泉(小学館)

金融市場における信用関係が崩壊し、現金に対する需要が銀行に殺到するため、支払い手段としての貨幣の供給が逼迫 (ひっぱく) して、新しい信用取引が不可能となること。また、それによって起こる恐慌。