出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. いつどんなときにも変わることのない、正しい物事の筋道。真実の道理。「永遠不変の真理」「真理の探究」

  1. 哲学で、

    1. ㋐思惟と存在あるいは認識と対象との一致。この一致については、いくつかの説がある。

    2. ㋑プラグマティズムでは、人間生活において有用な結果をもたらす観念をいう。

  1. 仏語。真実で永遠不変の理法。真如。

出典:青空文庫

出典:gooニュース