出典:デジタル大辞泉(小学館)

明治政府のもとでの最初の刑法典。明治3年(1870)発布。江戸幕府や中国の刑法典をもとにして作成され、華族士族閏刑 (じゅんけい) を認めるなど、刑に身分的差別を設けていた。同15年の旧刑法施行まで行われた。