出典:デジタル大辞泉(小学館)

[助動][せ|せ|す|する|すれ|せよ]四段・ナ変・ラ変動詞の未然形に付く。
  1. 相手が自分の思うようにするように、また、ある事態が起こるようにしむける意を表す。

    1. 「例の声出 (い) ださて、随身に歌は給ふ」〈堤・貝合

  1. 動作を他に任せておいて結果的にそうなることを表す。…のままにする。…させておく。

    1. 「ただ兄弟二人あるものが、兄を討たて、弟 (おとと) が一人残り留まったらば」〈平家・九〉

  1. (多く「たまふ」など尊敬の意を表す語とともに用いられて)尊敬の意を強める。なさる。

    1. 「また入ら給ひて、さらにえ許さ給はず」〈・桐壺〉

    2. 「うれしやと思ふと告げ聞かするならむとのたまはする御けしきもいとめでたし」〈・八〉
  1. (謙譲の意を表す語とともに用いられて)謙譲の意を強める。…申し上げる。→さすしむ

    1. 「壺の薬そへて、頭中将呼びよせてたてまつら」〈竹取

[補説]平安時代以降、漢文訓読文の「しむ」に対し、主に和文系統の文章に用いられた。中世以降、下一段化して、現代語の「せる」となる。2は、多く、中世の軍記物語にみられる用法で、受け身の意にとれるものもある。