出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 《「出水 (いずみ) 」の意》地下水が自然に地表にわき出る所。また、そのわき出た水。湧泉 (ゆうせん) 。 夏》「―への道後 (おく) れゆく安けさよ/波郷

  1. 物事が出てくるもと。源泉。「希望の泉」「知識の泉」