出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「易経」繋辞下から》何事もしないこと。君主が人民のなすがままにまかせて、平和に治まっていることのたとえ。垂拱 (すいきょう) 。